Salesforce連携の設定方法(Classic)

パッケージのインストール

AppExchangeストアからパッケージ「bellFace」をインストールします。

パッケージインストール後の設定手順

Lightning Experienceの方はこちらをご確認ください。
Lightning Experience と Classic の画面の見分け方(Salesforceヘルプ)

インストール済パッケージの設定

Salesforceの設定メニューを開きます。

 

パッケージのポリシーを設定する

設定 → インストール済みパッケージ → bellFace → コンポーネントを表示 → パッケージコンポーネント「bellface」を選択 → 接続アプリケーションの詳細 → ポリシーを編集

 

「許可されているユーザ」を「管理者が承認したユーザは事前承認済み」に設定し保存してください。

 

また本パッケージを利用するプロファイルに「ログイン IP アドレスの制限」が設定されている場合、「IP 制限の緩和」は「IP 制限の緩和」を選択してください。


「更新トークンポリシー」が「更新トークンは取り消されるまで有効」になっていない場合はそのように変更してください。

 

 

使用させたいユーザーのプロファイルを設定する

上記と同じ詳細ページ下部の「プロファイル」のボタン「プロファイルを管理する」を押し、権限を付与するプロファイルを選択してください。

 

 

行動オブジェクトの設定をする

設定 → カスタマイズ → 活動 → 行動の項目 → 件名 → 行動件名 選択リスト値 → 新規にて「bellFace」を追加し、レコードタイプ名「ベルフェイスEvent」にチェックを入れ保存してください。

行動件名 選択リスト値 → 新規

「bellFace」を追加し、レコードタイプ名「ベルフェイスEvent」にチェックを入れ保存してください。

「行動項目に戻る」で項目一覧に戻ります。

「種別」をクリックします。

行動種別 選択リスト値 → 新規

「bellFace」を追加し、レコードタイプ名「ベルフェイスEvent」にチェックを入れ保存してください。

※ パッケージを使用するプロファイルで「行動」の「関連先」「名前」「種別」を参照のみにしないでください。組織の初期状態では参照のみになっていませんが、意図的に変えられていた場合、本パッケージを使用可能にするには参照のみをチェック無しにしてください。

行動レコードタイプ「ベルフェイスEvent」の設定

クイック検索に「行動レコード」と入力し表示される「行動レコードタイプ」をクリックします。

レコードタイプが「ベルフェイスEvent」1つしかない場合は、手動作成用のレコードタイプを追加します。

[新規]ボタンをクリックし、以下状態で次に進みます。

既存のレコードタイプからコピーする: --マスタ--
レコードタイプの表示ラベル:任意
レコードタイプ名:任意
説明:任意
有効:チェックを入れる
プロファイルの有効:全プロファイルにチェック

「1 つのレイアウトをすべてのプロファイルに適用する」では、普段使用している行動レイアウトを(特に設定していなければデフォルトの「行動 レイアウト」があると思いますのでそれを)選択し、保存します。

次に、「ベルフェイスEvent」をクリックします。

件名の「編集」をクリックし、

デフォルト値を先程作成した「bellFace」に設定します。

同様に種別のデフォルト値も「bellFace」に設定します。

関連先オブジェクトにキャンバスアプリケーションを配置する

関連リストに活動履歴があるオブジェクト(取引先責任者/リードなど)、ベルフェイスの接続履歴を関連付けたいオブジェクトのレイアウト設定ページを開きます。

ここでは例として取引先のページレイアウトで設定します。

ベルフェイスの接続開始ページを埋め込みたいレイアウトを選択します。

新規セクションをレイアウト上に配置します。

セクション名:「ベルフェイス」など

レイアウト:1-列

で保存します。

ここで一度レイアウトを保存します。

(Salesforceの仕様上、未保存のセクションにキャンバスアプリケーションを配置できません。)

再度レイアウトの編集ページを開き、キャンバスアプリケーション 内の「ベルフェイス」を先程作成したセクションのドラッグ&ドロップします。

ドロップ後のキャンバスアプリケーションをダブルクリックし、「スクロールバーを表示」にチェックを入れOKをクリックします。

※このとき、「高さ(ピクセル単位)」の数値を変えることで埋め込まれた接続開始ページの縦の長さを指定することができます。コンテンツをすべて表示させるためには、420px以上を推奨しております。
例)
・コンパクト:420px
・ミディアム:540px
・ラージ  :1000px

保存します。

レイアウトを設定したオブジェクトの詳細ページ内に、ベルフェイスの接続開始ページが表示されていることを確認します。

※同オブジェクトに「ベルフェイス」の権限が付与されていないプロファイルのアクセスもある場合は、レイアウトを別名保存し、「ベルフェイス」を使用するプロファイルに「ベルフェイス」を含むページレイアウトを割り当ててください。

関連ヘルプ

Salesforce連携の設定方法(Lightning Experience)
Salesforce連携の使用方法(一般ユーザ向け)
Salesforce連携の設定時によくあるトラブル

回答が見つかりましたか?