ベルフェイス管理画面にアクセスした際、アドレスバーに「保護されていない通信」、画面上に「この接続ではプライバシーが保護されません」と表示される場合があります。

この場合、ベルフェイス管理画面の利用に必要な証明書がブラウザ内に存在しない可能性があります。


証明書のインストール方法

ベルフェイス管理画面にアクセスするためのルート証明書をインストールすることで、証明書警告が表示されなくなります。
以下手順の実施をお願いいたします。

1.証明書のダウンロード

以下より、証明書をダウンロードします。

証明書のダウンロード

上記リンクをクリックすると「bellface.cer」ファイルがダウンロードされますので、ご利用PCのデスクトップ等、わかりやすい場所へ保存ください。
※ブラウザの下部に以下警告が表示される場合がありますが、[保存]を選択します。

2.証明書の情報表示

先ほど保存した「bellface.cer」をダブルクリックします。

証明書の情報ウィンドウが開くので、[証明書のインストール]をクリックしてください。

※証明書のインストールは管理者権限が必要です。
 インストールができない場合にはお手数ですが、ITご担当者までご相談ください。

3.証明書インポートウィザードの開始

証明書のインポートウィザードが開いたら、[次へ]をクリックします。
※保存場所は貴社規定によりますが、ご不明な場合は「現在のユーザー」をご選択ください。

次の画面では[証明書をすべて次のストアに配置する]を選択し、[参照]ボタンをクリックします。

表示されたウィンドウにて[信頼されたルート証明機関]を選択し、[OK]ボタンをクリックください。

[証明書ストア:]の欄に「信頼されたルート証明機関」が表示されたことを確認し、[次へ]をクリックします。

4.セキュリティ警告の表示

証明書インストールのセキュリティ警告が表示されますが、そのまま[はい]をクリックしてください。

5.インポート成功

以下ウィンドウが表示されたらインポートは成功です。
[OK]ボタンをクリックください。

※インポートに失敗する場合、社内セキュリティによって制限されている可能性がございます。
 お手数ですが、ITご担当者までご相談ください。

以下画面も[OK]で閉じていただいて問題ございません。

6.ベルフェイス管理画面の確認

証明書のインポート成功後、Chromeブラウザを全て閉じます。
再度Chromeブラウザを起動の上、ベルフェイス管理画面へアクセスし以下のログイン画面が表示されることをご確認ください。



上記手順を実施しても証明書警告が表示される場合、以下手順にて証明書警告の詳細をご確認ください。


証明書警告の確認方法

証明書警告が表示されたブラウザ画面にてアドレスバー左横の警告マークをクリックし、証明書メニューをご確認ください。

証明書の発行者が「Amazon」ではなく別の会社名である場合

確認の結果、証明書の発行者が「Amazon」ではない場合、プロキシサーバー等、ご利用のネットワーク環境による問題の可能性があります。
お手数ですが、ITご担当者様までお問い合わせください。

例1)ベルフェイスによる証明書警告の例
発行者が「Amazon」の場合は前述の方法にて証明書をインストールください。


例2)プロキシサーバーによる証明書警告の例

発行者が「Amazon」以外の場合はプロキシサーバーによる問題の可能性があるため、ITご担当者様までお問い合わせください。

回答が見つかりましたか?