✓目次

 1. Slack Webhook URL の取得
 2. ベルフェイス管理画面にて Slack Webhook URL を設定
 
 
参考リンク-Slack連携の使用方法はこちら
 

本機能の設定を行うためには、ベルフェイスの管理者権限が必要です。

 
 

▲TOP

1.Slack Web hook URLの取得

※当ヘルプページのslack画面は英文でご説明いたします。自動翻訳されている場合、原文のページを表示してお進みください。
(参考:Google Chromeで原文ページを表示する方法)

 
 

Slackアプリ(https://api.slack.com/apps)にアクセスし「Create an App」をクリック

 
Workspaceを選択
→「App Name」に任意の名称を入力
→「Development Slack Workspace」にレコログを通知したいWorkspaceを選択
→「Create an App」をクリック

 
 

左側メニューから「Incoming Webhooks」をクリック

 
  

Activate Incoming WebhooksをONに変更し、下部の「Add New Webhook to Workspace」をクリック

 
 
レコログを通知する投稿先をチャンネル検索プルダウンから選択
→チャンネル選択後「許可する」ボタンをクリック

 
 

赤枠箇所の「Copy」ボタンで Webhook URL をコピー
この Webhook URL は次のステップで利用しますので、メモ帳等にペーストしておいてください。

 
 

▲TOP

2.ベルフェイス管理画面にてSlack Webhook URLを設定

ベルフェイスにログインし画面左側メニューの設定を左クリック
→外部サービス連携

※外部サービス連携ボタンの表示がない場合、管理者権限が付与されていない可能性がございます。他に管理者権限をお持ちのユーザ様にてログインし、メンバー管理ページより権限をご確認ください。

 
 

「1.Slack Webhook URL の取得」 で取得したURLをペースト
→登録


 

通知する項目のオン/オフを選択
→保存


 

「初回登録時に連携完了のメッセージを該当チャンネルへ通知しました。」と表示されれば、作業完了です。

 
 

連携先のSlackチャンネルに以下の通知が届いていることをご確認ください。


▲TOP

回答が見つかりましたか?