✓ 目次

1.エラーメッセージ『パッケージ「ベルフェイス」が...』
2.エラーメッセージ『エラーが発生しました。Salesforce管理者に...』
3.エラーメッセージ『Canvas アプリケーション [09H5F0...』




1. エラーメッセージ『パッケージ「ベルフェイス」が...』


!パッケージ「ベルフェイス」が正しくインストールされていないようです。
Salesforce管理者にお問い合わせください。


このメッセージが表示されている場合、設定が完了していません。
下記設定ページの手順を再度ご確認ください。

Salesforce連携の設定方法(Classic)
Salesforce連携の設定方法(Lightning Experience)



▲TOP


2. エラーメッセージ『エラーが発生しました。Salesforce...』



エラーが発生しました。
Salesforce管理者に下記エラーを連絡し、ページの再読み込みをお試しください。

Error: SalesforceController doQuery - failed with status 400, response [{"message":"\nSELECT Id, bellface_inc__meeting_id__c FROM\n ^\nERROR at Row:1:Column:12\nNo such column 'bellface_inc__meeting_id__c' on entity 'Event'. If you are attempting to use a custom field, be sure to append the '__c' after the custom field name. Please reference your WSDL or the describe call for the appropriate names.","errorCode":"INVALID_FIELD"}], curl_error , curl_errno 0



原因①

活動カスタム項目 [項目レベルセキュリティ] の設定 で、必要なプロファイルのチェックが外れています。
以下の操作でご確認ください。

設定
→カスタマイズ
→活動
→活動カスタム項目

「bellFace」が含まれた記載のある5つの項目を確認していきます。

それぞれの項目の表示ラベル欄をクリック

→ [項目レベルセキュリティの設定]
→ [参照可能] にチェックが入っているか確認
→ [保存]

保存後、残りのラベルを確認します。



原因②

bellFace for Salesforceのライセンスが該当メンバーに付与できていません。
以下の操作でご確認ください。

Classic版:使用させたいユーザーへのライセンス付与
Lightning Experience版:使用させたいユーザーへのライセンス付与


▲TOP


3. エラーメッセージ3『Canvas アプリケーション [09H5F0...』

Canvas アプリケーション [09H5F000000CkoI] の表示中にエラーが発生しました。
Canvas で、参照 ID [09H5F000000CkoI] というインストール済みのアプリケーションが見つかりません。

パッケージのアンインストール後、レイアウトにキャンバスアプリケーション「bellFace」が残っている場合にこのエラーが出ます。

Salesforceシステム管理者にて以下の操作をご確認ください。

設定
→ビルド内 [カスタマイズ]
→キャンバスアプリケーションを配置しているオブジェクト名(例:[取引先] など
→ページレイアウト
→[キャンバスアプリケーションを配置しているレイアウト名]

配置されているキャンバスアプリケーションを削除してください。

再インストールする場合は、キャンバスアプリケーション「ベルフェイス」を再度配置し保存してください。(設定方法はこちら


※ 上記で改善しない場合

正しくプロファイルが設定できていない可能性があります。「プロファイルを管理する」からパッケージ使用を許可するプロファイルを選択し直ししてください。


Classicの場合

Lightning Experienceの場合


▲TOP

関連ヘルプ

Salesforce連携の設定方法(Classic)
Salesforce連携の設定方法(Lightning Experience)
Salesforce連携の使用方法(一般ユーザ向け)

回答が見つかりましたか?