✓ 目次

1. Webカメラがあるのに、お客様カメラが映らない
2. 「お客さまはカメラを起動できません」と表示され、自分の顔しか映らない
3. 「画像モードのため、お客様カメラは使用できません。」と表示される
4. お客様のカメラ枠が真っ黒になりカメラが映らない(お客様がEdge使用の場合)
5. 「お客様のカメラが稼働しませんでした。」と表示され、自分の顔しか映らない
6. お客様のブラウザがInternet Explorerの場合、お客様のカメラが映らない。


自分のカメラが映らない場合は こちら
使用するカメラ(フロント・リア、内蔵・外付け)の切り替えはこちら

※ご注意※
お客様カメラを映すためには、営業側でもカメラを映す必要があります。

1. 相手の端末にもWebカメラがあるのに、お客さまカメラが映らない

相手側がInternet Explorer、Safari、Microsoft Edgeブラウザを使用している場合、Webカメラを稼動させるためには、営業担当側のChromeでFlashの許可設定が必要です。

接続開始ページで以下の「設定が完了していません。こちらをクリックしてFlashを許可してください。」というアラートをクリックします。

「user.bell-face.comが次の許可を求めています」というダイアログが表示されたら、「許可」をクリック。

自動的に再読込が走り、アラートが消えます。
上記を実施しても解消しない、または上記が実施済みの場合:エンドユーザー側のブラウザでなんらかの理由でFlashが許可されていない可能性があります。


▲TOP

2. 相手側にもWebカメラがあるのに、接続前診断で「お客さまはカメラを起動できません」と表示され、接続しても自分の顔しか映らない。

相手のブラウザがInternet Explorer、Safari、Microsoft Edgeでお客さまカメラが起動しない時は、先に目次1をお試しください。解消しない場合は、以下をお試しください。


①相手にWebカメラの接続を確認してもらう
外付けカメラの場合、うまく接続できていない可能性があります。一度カメラを外していただき、再接続してお試しください。

②相手側の端末(WindowsもしくはMac OS)にChromeブラウザがインストールされていれば、そちらで接続ナンバーを発行してもらう
相手側のパソコンの設定や接続しているネットワーク設定などで、ベルフェイスのライブ配信技術で使用している特定のポート(FlashもしくはWebRTC)の使用が制限されている可能性があります。Chromeブラウザを使用するとどちらも使えるため、自動的に利用可能な方式で映像が表示されます。(FlashとWebRTCがどちらも制限されている場合は、相手側の映像を表示させることはできません。)

※上記に該当しない場合は、相手側のWebカメラ自体が正常に機能していない可能性があります。スタッフ側の映像のみでご使用ください。


▲TOP

3. 「画像モードのため、お客様カメラは使用できません。」と表示されお客様カメラが映らない。

お客様がInternet Explorerで接続ナンバーを発行された場合、お客様カメラが利用できない画像モードでの接続となる可能性がございます。

対処①

お客様にInternet Explorer以外のブラウザ(Google Chrome、Microsoft Edge等)で接続ナンバーを発行していただくことで、お客様カメラがご利用いただけます。

対処②

営業側とお客様側、双方でFlashを許可していただくことで、Internet Explorerでもお客様カメラがご利用いただけます。

・営業側でのFlash許可

接続開始ページで以下の「設定が完了していません。こちらをクリックしてFlashを許可してください。」というアラートをクリックします。

「user.bell-face.comが次の許可を求めています」というダイアログが表示されたら、「許可」をクリック。

自動的に再読込が走り、アラートが消えます。

・お客様側でのFlash許可

こちらのヘルプページをご参照ください。

ご参考:画像モードとは?

▲TOP

4. お客様のカメラ枠が真っ黒になりカメラが映らない(お客様がMicrosoft Edgeを使用の場合)

お客様がMicrosoft Edgeを使用している場合、Flashやカメラ設定が問題ないにも関わらずお客様のカメラ枠が真っ黒になり、カメラが映らない場合があります。その場合は以下のお客様側の設定を変更することで改善する可能性があります。

手順①
お客様のPCで、設定>プライバシー>カメラを開く。


手順②
「カメラにアクセスできるアプリを選ぶ」からMicrosoft Edgeを「オン」に設定する。

5. 「お客様のカメラが稼働しませんでした。」と表示され、自分の顔しか映らない

相手のブラウザがChromeの場合、ブラウザのカメラ設定がOFFになっているとカメラが稼働しないことがあります。

このメッセージが表示される場合、以下をお試し下さい。


手順①

お客様のPCで、アドレスバー左端の鍵マーク>サイトの設定をクリック

手順②
カメラ>許可をクリック
設定ページを閉じて、ブラウザの再読み込みを行うと、設定完了です。

【Android端末の場合】

お客様がAndroid端末をご利用の場合はこちらをご参照ください。

関連ヘルプ:
Android端末のカメラ許可方法

▲TOP

6. お客様のブラウザがInternet Explorerの場合、相手のカメラが映らない。


お客様のブラウザがInternet Explorerの場合、WebRTC接続ができません。Flashで接続を行うことで、お客様のカメラが映りますので、営業側のGoogle ChromeにてFlashを有効化してください。

ご参考:chromeでのflash有効化方法映像の配信方式について

 
 

▲TOP

回答が見つかりましたか?