✓ 目次

1. レコーディング機能が提供する価値
2. 事前準備手順
3. 録画実施手順
4. 録画データの確認方法
5. 参考:音声収録の仕組み


レコーディング機能でよくある問い合わせは こちら
※ 多拠点接続時もレコーディング機能が使えるようになりました!(2019/07/08)

1. レコーディング機能が提供する価値


接続中の営業側デスクトップ画面と音声を録画することができます。このレコーディング機能を利用することにより、以下のようなことが可能になります。

・・・


営業担当の方

・ 自身の商談を客観的に見て、課題を発見する
・ 前回の打ち合わせ内容を振り返る

今までは一度終わると二度と見ることができなかった商談の様子をリプレイすることができるようになります。いわばアスリートが試合の録画を見てプレーを分析するようなことが、営業シーンでも可能になります。


・・・

営業マネージャーの方

・ 提案フローやトークスクリプトに沿ったご提案ができているかをチェックする
・ 模範メンバーの商談動画を、身近な成功事例として他メンバーに共有する
・ 商談内容を本人のメモや報告からだけではなく、動画を確認して的確なフィードバックをする

また、セールスログと合わせて活用することで、例えば非常に長く説明している箇所において実際に何を話しているのか?や、画面共有を使用したデモンストレーションが短いメンバーが、どんな流れで説明しているのか?などを掘り下げていくことができます。チームメンバーの成功ポイントや課題をいち早く認識し、PDCAの高速化に役立ちます


▲TOP

2. 事前準備



レコーディング(録画)機能を使うためには、事前の設定と録画アプリのインストールが必要です。
設定完了後、1対1のベルフェイス・多拠点接続共にレコーディング機能が使えるようになります。



<設定変更からアプリインストールまでの手順>

手順①
ログイン後、[アカウント設定] もしくは以下メッセージにて [設定する] をクリックします。

※ 既にレコーディング機能が「ON」になっている場合、本メッセージは最小化されています。右上最小化ボタンをクリックするとメッセージが開きます。



手順②

アプリインストールのメッセージが表示されたら「はい」を選択。


手順③
インストール用ファイルがダウンロードされたらファイルをクリックし、実行。


手順④
インストールウィザードの起動後、画面に従ってインストールを続行し設定完了です。

Windowsの場合

Macの場合

下記エラーが出た場合、

[システム環境設定]
→[セキュリティとプライバシー]
→[一般]から実行の許可をお願いいたします。

▲TOP

3. 録画実施


手順①

接続開始画面にて録画機能の設定をします。

  • 多拠点接続では録画データにお客様の声も含まれます(Windowsのみ)
  • 録画の有無はON/OFFのスイッチで選択することが可能です。
  • 録音時に音声を含むか設定できます。
  • 既に録画アプリをインストールしている場合、ON-OFFの切り替えですぐに録画を開始することができます。



手順②
ベルフェイス接続開始後、[BFDesktopCaptureを開く] をクリックすると録画が開始されます。


Chromeバージョン:76.0.3809.132以前をご利用の場合
モーダル内の [このタイプのリンクは常に関連付けされたアプリで開く] にチェックを入れると、次回以降は自動で録画が開始されます。

Chromeバージョン:77.0.3865.75以降をご利用の場合 
Chromeの仕様上、モーダル内に [このタイプのリンクは常に関連付けされたアプリで開く] が表示されません。録画を開始する場合は、「BFDesktopCapture.exeを開く」をクリックしてください。

  • [キャンセル] をクリックすると録画アプリは起動しません。
  • レコーディング機能が [OFF] の場合、モーダルは表示されません。(手順①)
  • 接続終了後、録画も自動で終了され、録画データのアップロードが始まります。PC・ネット環境にもよりますが、1時間以内の録画データは数十秒〜数分程度でアップロードされます。
  • 1時間の録画データは、約234MBの通信量でアップロードされます。



▲TOP

4. 録画データの確認方法


アップロードが完了後、商談ログの[再生]ボタンから録画内容を確認できます。


【できること】

  • iOS/Android端末からも動画を確認できるようになりました。(2019年1月〜)
  • 他メンバーのログも確認することができ(下図①)、録画データのある履歴だけを絞り込むこともできます(下図②)。
  • 不要な録画データが作成されてしまった場合は、[削除]ボタン(下図③)から削除ができます。一度削除した動画は復元できませんのでご注意ください。
  • 削除ボタン下の「コピー」をクリックすると録画データのURLをコピーできます。優れた事例の社内共有やフィードバックの際にご活用ください。
  • 再生速度は画面左下のスライドバーで調整できますので、長時間録画も短時間で効率良く確認できます。

  • URLから録画データへアクセスできるのは社内のユーザーのみです。
  • 「他メンバーの接続記録」(上図①)が表示されていない場合は、当該機能がOFFに設定されている可能性があります。ご契約担当者様へご確認ください。
  • アプリケーションの仕様上、ネットワーク状況などの影響によりレコーディングが正常に行われないことがございます。こちら の手順で再起動を行ってください。
  • 接続画面だけでなく、デスクトップ全体が録画されます。
  • お使いのPCアカウントに管理者権限がない場合、アプリのインストールができない可能性があります。社内システム管理者様へご相談ください。


▲TOP

5. 参考:音声収録のしくみ



営業担当側の音声は、録画アプリをインストールしたPCに搭載されたマイクから行います。パソコンにマイクが搭載されていなかったり無効にしている場合は、恐れ入りますが音声を収録することができません。外付けマイクのご使用などをご検討ください。

※マイクがあるのに音声が収録できていない場合はこちら


▲TOP


動画で詳しく確認する場合はこちら

回答が見つかりましたか?