ベルフェイスを使用したお打ち合わせの打診においては、
お相手に不安感を抱かせないようにすることが第一ですが、
やはりオンラインミーティングに馴染みのないお客様の場合は
抵抗を示されることがあります。

参考:アポイントトーク例文集

ご案内先のお客様が

セキュリティなどに不安感を持たれている時のトーク例

「こちらはソフトウェアなどのインストールが基本的に不要の、完全ブラウザベースのツールです。」

ソフトウェアのインストールや会員登録が必要だと、「それ以降使うかどうかもわからないものにわざわざ手間をかけたくない…」という心理が働きがち。「あるWEBページを見ていただく」くらいのニュアンスでもいいでしょう。

※ただし、お客様側の画面共有の使用を想定している場合、一部にソフトウェアインストールが必要な場面がありますので、ご注意ください。

「お客様へは一つ一つの動作に「許可」していただくアクションが必要になるので、営業側がお客様側のWebカメラを勝手に起動したり、勝手にパソコンの操作を覗いたりすることはできません。」

「画面共有の機能は映像を見せ合うのみとなり、リモートで操作を行えるものではありません。」

手間よりも「WEBカメラで顔を映される」や「操作を見られる」「勝手に操作されるのでは」ということに抵抗を示される方もいらっしゃいます。営業側が勝手に起動することはできないことをお伝えしましょう。

 全体を通して、ブラウザの画面を共有するだけであり、端末そのものへ何かを追加したり、何らかの情報取得を行うものではないことを説明すると、ご安心いただけます。

回答が見つかりましたか?