お客様がスマートフォンやタブレット(iOS / Android)をご使用の場合、一部機能を制限しての接続が可能です。

✓ 目次

  1. お客様側が使用できるブラウザの確認
  2. 対モバイル接続で制限される機能一覧
  3. お客様側の画面推移(ナンバー発行まで)
  4. ユーザー側の画面推移
  5. 注意事項(対モバイル接続の際に気をつけること)

1. お客様側が使用できるブラウザの確認


iOS(iPhone/iPad)の場合

・Google Chrome
・Safari

Androidの場合
・Google Chrome

対モバイル端末の場合、お客様側の画面は横向きでのご利用を推奨しています。

Yahoo! や LINE内ブラウザ、[Googleの検索アプリ] など、他のアプリではナンバー発行できませんのでご注意ください。


▲TOP

2. 対モバイル接続で使えない機能

対モバイル接続の場合、下記機能が制限されます。

・ お客さまのカメラ
・ ライブ配信枠の提案モード
・ 名刺プロフィール機能
・ お客様画面共有
・ ファイルの送受信
・ 資料共有時のトークスクリプト
・ 目次の表示
・ 共有メモのダウンロード

関連:スマートフォンやタブレットをご利用のお客様に資料をダウンロードしてもらうことはできますか?

▲TOP

3. お客様側の画面推移(ナンバー発行まで)

例:iOS/Safari

① ブラウザアプリを開く

②「ベルフェイス」と入力し、検索

③ トップに表示される「ベルフェイス」をタップ
(モバイル版の場合、検索エンジンの仕様によりサイト名が省略され「5秒でつながるオンラインルーム」が表示されないことがあります。「トップに表示されるベルフェイスというサイト」などとお伝えください。)

④ [接続ナンバーを発行] ボタンをタップ

⑤ 接続ナンバーを伝えていただき、ユーザー側の接続開始ページに入力してください。

注意:縦型の接続では営業側の画面も縦型になります。
お客様にご協力頂ける場合は、この時に画面を横向きにしていただくようご案内ください。


▲TOP

4. ユーザー側の画面


ナンバーを入力し、接続開始します。

接続している双方のディスプレイのうち、画面解像度の低い方にサイズ合わせる仕様のため、接続後の画面サイズが小さくなります。

詳しくはこちらをご覧ください:ウィンドウサイズについて


お客様の画面が横の場合

縦の場合

▲TOP

5. 対モバイル接続の際に気をつけること

画面共有時は相手にも見やすく配慮しよう


画面共有の際は、営業側のPCモニターで表示しているウィンドウをお客様の小さな画面に表示させるため、お客様側では見にくい状態になってしまうことがあります。
そのため、共有時にはアプリケーションウィンドウ共有を選択し、共有しているウィンドウサイズを小さくしてお客様側にお見せください。
(ベルフェイス接続ウィンドウのサイズが目安です)

モバイルブラウザはページから離れると接続が切れてしまう

モバイル端末を使用しているお客様側で、下記の様なことがあるとスマートデバイスの仕様上接続が切れてしまうことがあります。

・接続中のタブ以外に他タブやアプリを開いた
・一定時間操作を行わず、自動ロックがかかってしまった

なるべく他の画面に移らないようにするか、やむを得ず他の画面に移る場合は、戻る際に再接続が必要になる可能性がある旨をお伝えください。


動画資料は、ミュートの状態で再生されます

動画資料はモバイル端末の仕様上、音声がミュートの状態で再生されます。
音声込みの動画資料を共有する場合は、再生時にお客様へミュート解除を誘導してください。

▲TOP


動画で詳しく確認する場合はこちら





関連ワード:スマホ / iPhone / Android / アンドロイド

回答が見つかりましたか?