ビジネスシーンで対面における最初のご挨拶といえば、名刺交換からのアイスブレイクです。インサイドセールスではご挨拶やアイスブレイクが難しいとされますが、ベルフェイスの”名刺プロフィール機能”を使用することで、名刺情報のお渡しや自己紹介を簡単に行うことが可能になります。

✓ 目次

1. 名刺プロフィールの設定方法
2. 名刺プロフィールの使い方(ベルフェイス接続中)
3. 名刺プロフィールの使い方(URLで送る)


1.  管理画面からの名刺プロフィール設定方法


[接続設定]→[名刺プロフィール]ページで設定できます。

入力項目


① 会社名(名刺プロフィール用)
ご契約団体名とは別の名称を使用したい場合にご利用ください。こちらに文字列を入力すると、ご契約団体名は名刺プロフィールに表示されません。


② 所属名
部署名や所属チーム名を入力します。


名前
アカウントに登録されている氏名が表示されます。氏名変更をしたい場合はこちら を参考ください。


⑤~⑦ その他の画像

対応ファイル形式:JPEG, PNG, GIF / 240x160 以上 / 5MB以下
※極端に横長・縦長な画像は登録できません。


⑧ vCardの設定

vCard形式ファイルのダウンロードを可能にする場合はONにします。

※注意

編集後、必ず[変更を保存]ボタンをクリックしてください。

 

▲TOP

2. 名刺プロフィールの使い方(ベルフェイス接続中)



ベルフェイス接続後、「お客様へ名刺情報を表示する」バナーもしくは「名刺プロフィール」ボタンをクリックします。

このように名刺情報とプロフィールを表示させることができます。




■[名刺情報をダウンロードしてもらう] ボタンについて

主要な情報をテキストファイル もしくは vCard形式ファイルでダウンロードできます。営業担当側でダウンロード形式を選択後、お客様にダウンロードを促すメッセージが表示されます。

※通常の1対1のベルフェイス、多拠点接続ともに利用可能です。




■テキストファイルの内容イメージ



■vCard形式ファイルのイメージ





■注意点

仕様上vCardファイルをWindows10標準のアドレス帳で開くと文字化けが発生します。Outlook等のメールソフトで開いてください。

接続時のお相手がタブレット・スマートフォンなどの場合またはディスプレイの解像度が非常に小さい場合(820×540以下)は、名刺プロフィール機能を使用できません。該当する場合、以下のメッセージが表示されます。



▲TOP

3. 名刺プロフィールの使い方(URLで送る)


URLを取得してメールに記載すると事前にお客様との距離を縮めることができます。


[設定]→[名刺プロフィール設定]を開き、下記アイコンをクリックします。

アイコンをクリックするだけでURLがコピーされますので、あとはお好きな場所にペーストします。



▲TOP


アイスブレイクには「人間味」「共通点」「意外性」が効果的


生年月日・出身地を入れておきましょう!

特に生まれ年を入れておくことで、同世代のお相手とグッと距離が縮まります。また、出身地なども盛り上がりやすいトピックです。


メイン画像にはビジネスプロフィール写真、その他の画像エリアにはプライベートの写真を入れましょう!

メイン画像にはビシッとキマったビジネスライクな写真を入れながらも、3枚登録できるその他の画像エリアには是非プライベートの写真を入れてみてください。家族、グルメ、スポーツなど、淡々と商談を進めていたらわざわざ触れることも少ないようなトピックを自然に提示することで、親近感を与えることができます。

▲TOP


動画で詳しく確認する場合はこちら



関連ワード:V-CARD / VCARD

回答が見つかりましたか?