ユーザーと接続相手が双方から入力できるメモ機能です。
議事録や確認事項の共有にお役立てください。
接続中に入力された内容は自動保存され、接続履歴ページより確認が可能です。


✓ 目次

1.  共有メモのテンプレートを設定する方法
2. 社内共通のテンプレートを設定する方法(2019/06/21~)
3. 接続中に共有メモを使用する方法
4. 接続終了後、接続先情報を記録する方法
5. 商談ログを確認する方法


1. 共有メモのテンプレートを設定する方法


[設定]内にある共有メモ設定で、接続開始時の共有メモの初期テンプレートを設定することができます。

・ テンプレートは10まで設定可能
・ 接続開始時に表示させるデフォルトのテンプレートは任意で変更可能
・ 黄色い☑を入れたテンプレートが接続後のデフォルト表示
・ デフォルトでテンプレートを表示したくない場合は、☑を外す

※編集後、[変更を保存]を忘れずにクリックしてください。


※テンプレート未設定の場合は自動で「サンプルテンプレート」が表示されます。



もっと知りたい:共有メモ テンプレート設定のススメ



▲TOP

2. 社内共通のテンプレートを設定する方法(2019/06/21~)


社内メンバーが共通で使用できるテンプレートが設定可能になりました。
共通テンプレートは多拠点接続でも利用可能です。


・ 作成・編集・削除ができるのは管理者のみ
・ 編集はテンプレートを作成した管理者本人のみ可能
・ テンプレートはご契約環境内で3つまで設定可能



テンプレート名の下部に、テンプレートの作成者名が表示されます。


共通テンプレートにはテンプレート名の頭に[共通]と付き、一覧の最上位に表示されます。


 

▲TOP

3. 接続中に共有メモを使用する方法



接続中画面の右下ボタン群より、[メモを書く]ボタンをクリックすることで共有メモ枠を表示させることができます。

1.共有メモ枠上部
この辺りをドラッグすることで共有メモの表示位置を移動させることができます。
※相手側の画面でも位置が同期されます。

2.メモを渡す
相手にテキスト形式でメモのダウンロードを促すことができます。

3.最小化
共有メモ枠を非表示にすることができます。

4.他のテンプレートを開く
設定済みの他のテンプレートへ切り替えることができます。
※お相手側にテンプレート名は表示されませんのでご安心ください

5.拡大 縮小
このボタンをドラッグすることで共有メモ枠のサイズを変更することができます。

6.カーソルの選択範囲
強調したいワードをカーソルで囲むことで、相手のメモにも選択した範囲が反映されます。
※相手がモバイル端末の場合は反映されません。



▲TOP

4. 接続終了後、接続先情報を記録する方法



接続終了後、ベルフェイス管理ページに戻ると下記のような画面が表示されます。
相手の会社名・名前などを記録しておくことで後から履歴が確認しやすくなります。

※3分以内の接続ではこの画面は表示されませんが、商談ログからも記録できますのでご安心ください。

▲TOP

5. 商談ログを確認・編集する方法



商談ログページで、過去の接続履歴と共有メモの内容を確認することができます。

また、この画面で過去の共有メモ、商談先情報を編集することもできます。
共有メモは、入力メモ欄をクリックすると、枠が青色となり編集が可能です。
編集内容を保存する場合は、欄外(メイン資料のあたりなど)をクリックしてください。
※ 入力メモ欄など、削除した文言などは復元できないためご注意ください。


ー注意点ー
・ 商談先情報は、接続したユーザー本人と管理者ユーザーが編集可能です。
・ 入力メモは接続したユーザー本人のみ編集可能です。





▲TOP


動画で詳しく確認する場合はこちら

回答が見つかりましたか?