ベルフェイスでは、カーソルの動きを同期させるため、双方の画面解像度の低い方の最大サイズにウィンドウを自動調整します。自動調整されたサイズが最大サイズのため、それより大きくすることはできません。



最大サイズを上限として、接続相手側のみがウィンドウサイズを小さく変更することができます。その際はユーザー側のウィンドウサイズも連動して小さくなります。

      ↓営業担当側           お客様(接続相手)側↓



ユーザー側の操作ではウィンドウサイズを変更することができません
      
       ↓営業担当側 
          お客様(接続相手)側↓


注意点


解像度の設定変更のほか、ブラウザの拡大縮小設定を変更していただいた場合も、解像度の変更とみなされ、ウインドウサイズが調整されます。

例えば、ブラウザの表示を縮小していくと、ディスプレイの解像度が実際より大きく認識され、ブラウザの表示を拡大していくと、ディスプレイの解像度が実際より小さく認識されます。

ウィンドウサイズが必要以上に小さすぎるなどの場合は、双方のブラウザで拡大・縮小設定がされていないかご確認ください。


確認方法

Chromeブラウザの右上の設定アイコンをクリックし、下記赤枠部分でズーム設定が[100%]以外になっている場合は、[100%]へ調整し、再接続してください。



外部サイト:Google Chrome ヘルプ テキスト、画像、動画のサイズを変更する



動画で詳しく確認する場合はこちら

回答が見つかりましたか?