ベルフェイスでは、ユーザー側と相手側のブラウザが共通で使用できる映像配信方式を自動判定し、ライブ映像を表示させています。映像配信方式には、WebRTCとAdobe Flash Playerを採用しています。

共通する映像配信方式がない場合は、ユーザー側のWebカメラに映る画像を連続で送ることにより動画のように見せる”画像モード”へ自動的に切り替えられます。

 

------- イメージ -------

----- ケース1 -----

相手のブラウザがChrome(Firefox)の場合

----- ケース2 -----

相手がInternetExplorer(Edge、Safari)の場合

----- ケース3 -----

相手がInternetExplorer(Edge、Safari)で、
ユーザー側のFlashが無効になっている場合

このば場合はは”画像モード”になります。画像モード時は、お客さまカメラは起動できません。
※ユーザー側(Chrome)のFlash許可設定方法はこちら

----- ケース4 -----

相手のブラウザでWebRTC・Flashが両方使用できない場合


この場合も、画像モードになります。画像モード時は、お客さまカメラは起動できません。
※InternetExplorer11でのFlash有効化方法はこちら
※EdgeでのFlash有効化方法はこちら
※Safari Ver.11でのFlash有効化方法はこちら

----- ケース5 -----

相手がモバイル端末(iOS/Android)を使用している場合

相手がモバイル端末の場合、OSの仕様上お客さまカメラを起動することができません。ご了承ください。

回答が見つかりましたか?