✓ 目次

1. トークスクリプトのエクスポート・インポート機能とは
2. 既存資料のトークスクリプトをエクスポート・インポートする手順
3. 新規資料の登録時にトークスクリプトをインポートする方法
4. よくあるお問い合わせ



トークスクリプト機能とは こちら
資料設定ページの使い方は こちら

1. トークスクリプトのエクスポート・インポート機能とは

資料のトークスクリプトの取り出し、取り込み(CSV形式)ができます。
新規資料アップロード時にもトークスクリプトをインポートすることが可能です。

以下のようなシーンで役立ちます。

・ 既にアップロード済みのトークスクリプトを簡単に編集したい
・ トークスクリプトを他のメンバーに共有したい・共有してほしい
・ 編集前のトークスクリプト内容も保管しておきたい
・ 資料にページの追加が必要だが、目次・トークスクリプトがずれてしまう
・ 目次やトークスクリプトの順番を変更したい


▲TOP

2. 既存資料のトークスクリプトをエクスポート・インポートする手順



<エクスポート手順>

手順1
資料設定画面を開き、トークスクリプトをエクスポートしたい資料にカーソルを合わせます。
[編集]をクリックします。


手順2
[トークスクリプト設定]をクリック、[エクスポートする]をクリックします。


手順3
CSV形式のファイルがダウンロードされますので、任意の場所に保存します。
以上でエクスポート作業は完了です。



<インポート手順>

手順1
資料設定画面を開き、トークスクリプトをインポートしたい資料にカーソルを合わせます。
[編集]をクリックします。


手順2
[トークスクリプト設定]をクリック、[インポートする]をクリックします。


手順3
ファイルを選択する画面に切り替わりますので、インポートするファイルを選択します。以下の赤枠部分にファイルをドラッグ&ドロップすることでもアップロードが可能です。

 CSVファイルのみアップロードが可能です。
 ファイルの容量は50MBまでとなります。
 ファイルの圧縮やパスワード設定は事前に解除してください。


手順4

目次とトークスクリプトの内容が取り込めたことを確認します。
この画面で内容の編集やページの並び替えをすることことも可能です。


手順5
[設定を保存する]をクリックします。
以上でインポート作業は完了です。




ーインポート用テンプレートをご使用のお客様へー
必要に応じてページ番号を追加・削除してください。
1行目の項目は削除しないでください。



▲TOP

3. 新規資料の登録時にトークスクリプトをインポートする方法



手順1
資料設定画面を開き、[新規アップロード]をクリックします。


手順2
ファイルを選択する画面に切り替わりますので、アップロードするファイルを選択します。以下の赤枠部分に資料をドラッグ&ドロップすることでもアップロードが可能です。


手順3
資料がアップロードできたら[トークスクリプト設定]をクリックし、[インポートする]をクリックします。


手順4

ファイルを選択する画面に切り替わりますので、インポートするファイルを選択します。以下の赤枠部分にファイルをドラッグ&ドロップすることでもアップロードが可能です。

 CSVファイルのみアップロードが可能です。
 ファイルの容量は50MBまでとなります。
 ファイルの圧縮やパスワード設定は事前に解除してください。


手順5

目次とトークスクリプトの内容が取り込めたことを確認します。
この画面で内容の編集やページの並び替えをすることことも可能です。


手順6
[設定を保存する]をクリックします。
以上で資料のアップロード、トークスクリプトの設定は完了です。



▲TOP

4. よくあるお問い合わせ


・ CSVファイルであれば、どんな記載形式のファイルでもインポートできますか?
いいえ。エクスポートしたファイルと同じ形式で記載する必要があります。
 ✓ トークスクリプトと資料のページ数が合っているか
 ✓ 列・行の配置が間違っていないか

・ エクスポートしたCSVファイルしかインポートできませんか?
いいえ。形式が同じであればお客様自身で作成したCSVファイルでもインポート可能です。

・ インポート用CSVファイルのフォントは決まっていますか?
いいえ。フォントの種類や文字の大きさは、CSVファイル上は決まっていません。
インポート後にベルフェイスの仕様に合わせてフォントは統一されます。



▲TOP

関連ワード:トーク / スクリプト 

回答が見つかりましたか?