管理者がメンバーの利用状況をひと目で把握できる、レポート分析機能をリリースしました。

サイドバーの「レポート分析」からレポート画面を確認できます。

以下の集計結果が確認可能になります。

  • 全体利用推移(接続数)
  • 利用数上位(メンバー別接続数)
  • 利用数増加(メンバー別接続数の増加)
  • 利用数減少(メンバー別接続数の減少)
  • アンケート高評価(メンバー別アンケート結果)

開発背景・提供する価値

従来の接続ログページでは、自分自身がどのような顧客にどれくらい使っているか、ということを時系列で確認していくことにフォーカスした、あくまで「過去の商談を振り返るための記録」です。

一方、接続レポートは月に2回、半月毎の利用状況をレポートで配信していましたが、長期的な推移や、任意の期間での集計ができません。

それらを足りない部分を強化するのが今回のレポート分析機能です。
ベルフェイスを導入し、定着に向けて利用状況をウォッチされている導入推進者様は、是非確認してみてください。

全体利用推移

増減のターニングポイントの把握が視覚的に可能になりました。特定の週だけ極端に利用状況が悪いとしたら何があったのかをすぐにメンバーに確認しましょう!

利用数上位

メンバーごとに、指定した期間内で誰が最も接続したかをランキング形式で表示することが可能です。
これにより、ランキング上位/下位のメンバーに対し、なぜそのような状況なのかをマネージャーがしっかりと個別のヒアリングを通して把握できれば、成功/失敗要因の発見につながります。

利用数増加、利用数減少

過去の同期間と比較した際に急激に利用数が伸びているいわゆる「熱いメンバー」と急激に利用数が減っている「要注意メンバー」。ここへのフォローがなければ結果として、緩やかに全体の利用状況は悪化していきます。

アンケート高評価

レポート分析機能自体の主は「利用数」及び「利用数の増減」ですが、この「数」だけでメンバーを評価、判断してしまうのは危険です。
「数は少ないが一件一件の品質が高いため、お相手からの評価が非常に高く、受注率は高い。」
「数は多いけどお相手からの評価はそこまで高くなく、受注率も低い。」
そんなメンバーを把握できるようにしているのがこのアンケートの評価平均のランキングです。

機能の詳細はこちらからご確認ください。

回答が見つかりましたか?