✓ 目次

1. カメラの映像枠が真っ暗になりカメラが映らない。
2. 「カメラの使用が許可されていません。~」というメッセージが表示される。
3. 「他アプリケーションにてカメラを使用中です。〜」と表示される。
4. カメラに斜線がかかったマークが表示され映像が表示されない 。
5. 「カメラが見つかりません。~」というメッセージが表示される。


お客様側のカメラが映らない場合は こちら

1.カメラの映像枠が真っ暗になりカメラが映らない。

[接続開始]ページにて、「カメラが正常に認識されています」と表示されるにもかかわらず映像枠内がブラックアウトしてしまう場合、以下のようにカメラの明るさを確認してください。

明るさが最低の設定になっていると、カメラが認識されていても映像がほぼ認識されない状態になってしまいます。映像枠にマウスオーバーすると表示される明るさボタンをクリックし、適切な明るさへ調整してください。



▲TOP

2.「カメラの使用が許可されていません。~」というメッセージが表示される。

この場合、Chromeブラウザの設定で.user.bell-face.comでのWebカメラの使用がブロックされています。Chromeのアドレスバー(URLが入力されている部分)左端の鍵マークをクリックします。

カメラの設定を許可へ変更します。
※ここで許可されるのは https://user.bell-face.com でのカメラの使用であり、すべてのサイトでのカメラ使用が許可されるわけではありません。

接続開始ページを再読込して映像が映るかご確認ください。


▲TOP

3.「他アプリケーションにてカメラを使用中です。〜」と表示される。

この場合、文字通りパソコン上でChromeブラウザ以外のアプリケーションがカメラを使用中のため、映像が映らないという状態です。
使用中のアプリケーションに心当たりがある場合は、そちらを終了します。

もし心当たりがなく、立ち上がっているアプリケーションを一通り見ても使用していると思われるものがない場合、バックグラウンドで動作している何らかがカメラを認識してしまっている可能性があります。

一度すべてのアプリケーションを閉じ、パソコンを再起動することで解消することがございます。

※セキュリティソフトの盗撮防止機能などが動作していてカメラが使用できない場合も、同様のメッセージが表示されます。

▲TOP

4.カメラに斜線がかかったマークが表示され映像が表示されない。

この場合、Webカメラのドライバ(Webカメラを動作させるためのソフトウェア)のバージョンがお使いのOSに対応していない、または正常に動作していない可能性があります。

デバイスマネージャで「イメージング デバイス」を探して展開し、搭載されているカメラのドライバを右クリックします。(デバイスマネージャは、Windowsのスタートメニューから検索し開くことができます。)
※ここで「イメージング デバイス」が表示されない場合、ドライバがインストールされていません。企業のシステム管理者様、もしくはPCメーカーへご確認ください。


▲TOP

5. 「カメラが見つかりません。~」というメッセージが表示される。

端末にカメラが内蔵されている(接続されている)にもかかわらず、接続開始ページで「カメラが見つかりません。接続を確認の上、リロードしてください。」というメッセージが表示されることがあります。この場合、ChromeブラウザがWEBカメラを正しく認識できていない可能性があります。

確認手順1

Chromeブラウザのアドレスバー(URLが入力されている部分)へ、「chrome://settings/content/camera」を入力しアクセスします。
すると下記のようなページ(Chromeブラウザのカメラ設定ページ)が表示されます。

※お使いのGoogle Chromeのバージョンによって画面構成が若干異なることがあります。

上記の赤枠部分にカメラの名称が表示されていれば、ChromeはそのWebカメラを認識していますが、ここに何も表示されない場合、ChromeはWebカメラを認識していません。ここでWebカメラが正しく認識されているにもかかわらず、ベルフェイスでカメラが使用できない場合は、右下のメッセンジャーアイコンよりお問い合わせください。

確認手順2

Webカメラが外付けタイプの場合は、一度USBなどを抜いて接続を解除し、再接続をお試しください。
再接続を実施しても改善しない場合、また、Webカメラが内蔵タイプの場合は、確認手順3に進んでください。

確認手順3

可能であれば、Skypeや、端末に搭載されているカメラアプリなど他のアプリケーションでWebカメラが使用できるか、確認してください。

他のアプリケーションではカメラが使用できる場合、Chromeブラウザのみ一時的にカメラの認識が外れてしまっている可能性があり、端末を再起動することで解消することがあります。

他のアプリケーションでもWebカメラが動作しない場合、Webカメラのソフトウェアがうまく動作していない可能性がございます。確認手順4に進んでください。

確認手順4

こちらのヘルプをご参照の上、Webカメラのドライバの更新をお試しください。

ドライバが既に最新・もしくはドライバを更新し端末を再起動しても改善されない場合は、Webカメラ自体が故障しているなどの可能性がございます。恐れ入りますが、ご所属団体のシステム管理担当者様へご相談ください。


▲TOP

回答が見つかりましたか?