接続先のお相手がInternet Explorerをご利用の場合、コンテンツをダウンロードして開く際の操作にポイントがあります。

ダウンロード時に「ファイルを開く」「保存」「キャンセル」と表示されますが、「ファイルを開く」をクリックしても保存はされません。
開いたあとに、別途名前を付けて保存する必要があります。

「保存」をクリックするとまずダウンロードフォルダに保存されますので、先にそちらを実施した上で、ファイルを開きましょう。
(「保存」クリック後にもう一度「ファイルを開く」が表示されます。)

接続先ののお相手がパソコン操作に不慣れと思われる場合は、ブラウザは何を使われているかを確認の上、まず「保存」をクリックする操作をご案内いただくといいでしょう。

回答が見つかりましたか?