縦スクロール型、横スライド型と登録の方法がありますが、

どのように使い分けたらいいのでしょうか?

ページの形によって使い分けましょう。

Wordで作成した資料やリーフレット、履歴書などはタテ型登録することでページを遷移せずにスクロールで見せることができます。

※現在、ベルフェイスの機能で、アップロードした資料の1ページ目の形を見て、横の辺より縦の辺のほうが長い場合、自動的にタテ型資料に設定されるようになっています。もし縦長・横長のページが混在する資料の場合は、ご自身で見やすい方へ変更しましょう。

参考:資料設定ページの使い方(アップロード編)

横スライド型資料

横スライド型資料は縦幅が画面の上下に合った形で表示がされるため、縦長の資料はいちいち拡大しなくてはならず、説明しづらい。

縦スクロール型資料

縦スクロール型資料は下にスクロールしていくため、縦に長い資料を上から説明していきやすい。

縦スクロール型資料は数ページの契約書・グラフィカルなチラシなどに向いており、ページ数の多い資料に向きません。

なぜなら、ベルフェイスの登録資料は全てWEBページ化されているため、ページ数の多い縦スクロール型資料は非常に大きなWEBページを開くことになり、読み込みに失敗してしまうなどの心配があります。

必要に応じて、ファイルを分割するなどして調整しましょう。

回答が見つかりましたか?