"3つの画像"をうまく使おう

名刺プロフィールで、プロフィール画像とは別に設定可能な”3つの画像”。

アイデア1:旅行の写真

ほとんどの方がどこかに旅行に行ったことがあるでしょう。
「○○さんは最近どこか行かれました?」などと話をつなげてみると、

「私も旅行は好きで、年末年始にここに行きました」

「いや〜最近全然行けてないんですよね」

どちらの返答でもその後のアイスブレイクトークに繋げやすいのではないでしょうか?

アイデア2:ペットの写真

何かしらのペットを飼ったことがある人も多いでしょう。
特に犬や猫など、共通の話題になりそうなペットを飼ったことがある人なら、写真を載せておくといいでしょう。

動物が好きな人なら、脳が仕事モードでも可愛いペットの写真で雰囲気が一気に和みます。

アイデア3:家族(子供)の写真

お子さんがいる方で、Facebookなどで既に公開している家族写真がある方は載せておくといいでしょう。

管理職以上に営業を行うケースが多い場合は、お子さんがいるお客様も多いでしょう。
自然と「うちの子はもう大きいんだけど、このくらいの歳の子はかわいいよね」なんて話が弾む可能性大です。

アイデア4:プライベートのキャラクターがわかる写真

スポーツや音楽など、多少やり込んでいる趣味があれば、その時の自分の写真を載せてみましょう。
営業マンとして真面目な話をする前に、まずはくだけた姿を見せてみることで、一気に心理的距離が縮まることでしょう。

(仕事のフィールドで知り合った人と趣味で交流するのは気を使っても、趣味のフィールドで知り合った人と仕事をすることになったら、フランクに話しやすいですよね。)

まとめ

マニアックな趣味の写真も、インパクトが大きくて良いですが、余程リアクションしてくれる方でない限りトークが一方的になりがちです。

上記のアイデアを参考に、まずは「共通点を見つけやすい」「共感してもらいやすい」トピックをベースに、スパイスとしてマニアックな情報を入れてみるといいでしょう。

回答が見つかりましたか?