ベルフェイスは接続の安定性を重視し、音声と映像を切り分けています。
そのため、コンピューター音声による通話は搭載しておりません。

インサイドセールスにおいて音声と映像コミュニケーションを切り分けるメリット

接続開始前から通話状態で案内ができる

メールアドレスを知らない相手でも、電話が繋がれば打ち合わせに誘導できる

万が一インターネットが不安定で接続が切れてしまっても、コミュニケーションを継続できる

お客様とベルフェイスを接続するときは…

両手でパソコン操作ができるよう、ハンズフリー通話が可能なアイテムを準備しましょう。

固定電話の場合

コールセンターなどの固定席で業務を行う方であれば、自分専用の固定電話を使用していることが多いでしょう。

その場合は、お使いの電話機に対応したヘッドセットを使用しましょう。


携帯電話の場合

外出対応や打ち合わせなど移動の多い営業マンの場合は、スマートフォンなどの携帯電話でお客様とやり取りをすることが多いでしょう。

しかし、スマートフォンを直接耳に当てて通話しながらパソコン操作をするのはとても大変です。

さらに、Webカメラを使用したライブ配信映像で、電話機が映らない方が断然”直接話している感”が出るものです。


オススメのハンズフリーグッズ

1.Bluetooth ワイヤレスヘッドセット

スタイリッシュな片耳タイプや首に掛けておける両耳タイプなど様々なものが販売されています。
Webカメラ越しだと着けているかどうかわからないくらい小型なものも多く、自然な映像コミュニケーションにピッタリです。


2.リモコンマイク付きイヤホン

最近はスマートフォンを購入すると必ず同梱されているアクセサリ、リモコンマイク付きイヤホン。
ワイヤレスタイプのデメリットであるイヤホン自体の電池の保ちなども気にする必要もなくお手軽です。
大体の方が持っているので、打ち合わせ時にお客様へ使用を勧めてみても◎。

3.ヘッドホンタイプ

プロ感を出したいならヘッドホンタイプ。また、イヤホンタイプと比べ音質も安定したものが多いのも特徴です。
顧客サポート業務などでベルフェイスを使う方にオススメです。


ご自分のスタイルに合った通話スタイルで、スムーズなオンラインミーティングを行いましょう。

回答が見つかりましたか?